育毛シャンプーに関する記事のサイトです

育毛シャンプー画像

育毛シャンプーの正しい方法

頭髪が薄くなったのは、もう何年も前からです。
年相応と言えばそれまでですが、後退していく、薄くなっていく髪に逆らいたい、というのも人情でしょう。
十年かかって薄くなったのなら十年かけて元の状態に戻そうと、計画を立てたのは三年前の夏のことでした。
そもそもなぜ人ははげるのでしょうか。
ある動物学的な説によると、繁殖能力が十分にあるか否かをメスが判断するために、動物は体毛が薄くなる、というのです。
つまり、体毛が薄いオスは、繁殖能力が衰えているため、他のオスを探しなさいとメスに知らされているというのです。
この説が正しいかどうかはわかりませんが、あながち全くのデタラメではないことは、周囲を見ていて理解できます。
この説を完全に信じたわけではありませんが、多少ならずとも影響を受けたことは確かです。
そうして長期的な育毛チャレンジが始まったのです。
チャレンジは密かに行なわなくてはなりません。
周囲の者が気がつかない程度に毛髪が増えて育って行く事が理想です。
ここ数年のトライアルでその効果ははっきりと現れており、人によって合う合わないはあるかと思いますが、現在実践している方法をできるだけ具体的に紹介したいと思います。
まず、お勧めしたいのは育毛シャンプーの利用です。
出来ることならば、髪が薄くなる前から育毛シャンプーを使用したほうが良いでしょう。
お薦め育毛シャンプー比較「プロピア・プログノをご覧ください。
毛穴のアブラを取ることが肝心、と良く耳にしますが、自分でそうそう頭髪の毛穴のチェックなどできるものでもありませんから、育毛シャンプーを使う時には、頭皮をマッサージするように指の腹の部分で洗うことが重要です。
髪を洗うのではなく、頭皮を洗う、という感じです。
また、 頭皮の環境を整えてくれる育毛シャンプーの解説もご覧になってみてください。
シャンプー専用ブラシの利用も非常に効果的だと思います。
現在、実践して明らかに効果があると思われる方法は、まずサウナに入り、頭皮をマッサージします。
その後、サウナから出てシャンプーをするのですが、育毛シャンプー使用時には、シャンプー専用ブラシを利用して、自分の頭のつむじの方向に沿ってブラシを動かしながら洗うのです。
このとき、毛穴からアブラが取り除かれているというイメージを頭に描きながら、マッサージをするように洗うのです。
この時、くれぐれもシャンプーをつけすぎてはなりません。
シャンプー専用ブラシを利用するとほんの僅かな量で十分な泡立ちが得られます。
その後はシャンプーを流すのですが、このときに、時間をかけてしっかりとシャンプーを流すことが一番のポイントなのです。
また、 育毛シャンプーが合わなかったらについての解説もとても参考になります。